昔の彼が今はホストに…。田舎から上京してきた彼の現在。

窓の外を見る男性

僕もホストになりたいです

フードをかぶった男性

僕には夢があります。それはホストになるという事です。兄がホストをしています。今年二儒七歳で、お店ではナンバーワンだと自慢しています。そんな兄みたいになりたいと思っているのです。僕はまだ二十歳ですが、ニート生活をしています。実家に寄生しているのです。何もする気が起こりません。何もしたい事がなくて仕事をしてもなかなかうまくいかなかったのです。でも兄の影響でホストになりたいと思うようになったのです。兄は素敵な時計をしています。スーツは全部ブランドです。バッグも靴も、持っているもの全て高級品ばかりなのです。それがホストというものなのです。だから僕もホストになって、たくさんお金を稼ぎたいです。そして堂々と自慢したいのです。今まで何もできなかった僕にも、ホストにはなれたと証明したいのです。女性と話をする事が好きです。今までに何十人の女性と付き合った事でしょう。だから女性の相手には慣れています。それがどんな女性でもです。これはホストにとってとても大事な事だと思います。だから僕はホストは天職だと思います。まだホストクラブの世界へ入っていません。でもこれから僕の夢が現実になろうとしています。動きだそうとしているのです。

HEAD LINE

ホストクラブはイベント狙いで利用

ホストクラブなんてそんなにしょっちゅうしょっちゅう行けるものではありませんよね。まあ、お金をた?くさん持っている人ならば、そりゃあホストクラブだって頻繁に行くことができるでしょう。それこそナイトワークでバンバン稼いでいるような女性ですとか、テレビ番組でも取り上げられているような女性社長さんです…

TOP